menu

menu

高 井 病 院
〒509-5301
岐阜県土岐市妻木町1658番地
TEL 0572-57-6516
FAX 0572-57-6899

療養病棟入院基本料1
在宅復帰率50%以上

 

 

 
病院情報

名古屋大学医学部付属病院 消化器外科2


menu
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


第52回(社)日本透析医学会学術集会・総会 研究発表

服薬管理「お薬ノート」の試み

高井病院 透析室
○川崎奈津紀 宮川悦美 加藤靖代 加藤美香子 小松弘枝 浅野久志

【目的】
近年高齢者や視覚障害の為、薬の飲み忘れや飲み間違いが多く、患者自身による服薬管理がうまく行えない状況が増加し、家族の負担も大きくなっている。今回、繰り返し使用可能な当院独自のお薬ノートを作成。患者に合わせた方法にしたことで、服薬管理が可能になったので報告する。

【方法】
1.お薬ノートを作成、透析日と非透析日が分かり、文字は大きく毎食後・寝る前など見やすくする。
2.薬の取出しが簡単で繰り返し使用できる事を考慮する。
3.高齢者には透析毎渡し用、視覚障害者には1週間分渡し用のお薬ノートを使用する。
4.その後使用者にアンケート調査を行う。

【結果】
1.お薬ノートはラミネート加工し、内服薬をテープ固定した。
2.看護師による仕分けが統一され作業が簡略された。
3.アンケート結果にて分かり易く飲み易くなったという感想が聞かれた。
4.血液データ値からも正しく服薬が出来ている事を確認した。

【考察】
お薬ノートにした事で家族の負担も減り、服薬が毎日続けられる様になり、この事からも患者自身の薬を飲むと言う意識が高まったと思われる。

【結語】
患者に薬を正しく服薬出来るよう援助する事が大切である。
 

前
平成18年度研究成果(1)
カテゴリートップ
TOP
次
平成22年研究発表
Copyright 2009 高井病院
Designed by Invision